So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

8月5日のアレ -エイッエイッ- [Misc.]

 最後に本ブログを更新した折、つまりは2014年、それから2年余りの歳月が経過しておるのでございます。ちょっとわかりにくいという向きのためにガンダムで例えますれば、一年戦争がざっと2回。総人口がおおよそ死滅しておるのでございます。ひょっとしてこれ一大事。「産めよ国民」と聞こえてきたのです、銀河万丈。「なれよ産む機械」とおっしゃられても、僕ちゃんなれない長男坊。「書けよブログ」と宇宙電波に誘われて、更新するのは超難関。
 お気づきのことかと存じますが、最近はめっきり日本語ラップの虜でございますうすたのブログでございます。


 座右の銘、とまではいかないのかもしれませんが、この言葉はいつも頭のどこかに置いてある、ふとした瞬間に口をついている、思わず口にしてしまって恥ずかしい思いをする、クラスでハブられる、職場を追われる、自暴自棄で腕に彫ってしまう、そんな言葉のひとつやふたつが皆様にもあるのではないか。
 不詳うすたにとってのそれがまさに「人妻」なのであり、これはもう私の人生におけるテーマ、テーゼ、ガーゼ、カーズ、バース、かっとばせバース!
 ひとづま。なんて甘美な響き。NHKは是が非でも「BS人妻夜話」を放送するべきなのです。それは公共放送の公共性を担保する強力なあれなのでーす!
 この押韻はさすがに無理でしょうけれども、でもばあちゃん言ってたよ。人妻が魅力的なんじゃない、魅力的な女性が人妻になるんだって。


nice!(0)  コメント(0) 

4月10日のアレ -ワゴ- [Misc.]

 最後に本ブログを更新した折、我が国の消費税率は3%でございましたので、気が付けば倍率ドンさらに倍で24%、日々を淡々と過ごしてきたその積み重ねが、思えば遠くへ来たものであると実感させられる毎日がエブリデイでございます。

 消費税3%導入時の混乱、5%の暴動、8%の北海道分離独立、10%に乗じた内戦の勃発、なし崩しの15%および18%、米帝の傀儡政権による20%を経た、地球連邦政府内統一税率24%の四月。

 宇宙移民政策が事実上の棄民政策であることが看破された今、地球上に住まう住人はいつの間にやら特権階級などと呼ばれる始末。かく言う私も今頃はサイド3なる宇宙植民地へと向かっているはずでしたが、宇宙へと旅立つ二日前にイオンの駐車場でワゴンRスティングレーに轢かれて大腿骨を骨折。晴れて特権階級の仲間入りでございます。ヒーハー。


nice!(0)  コメント(1) 

11月16日のアレ -何度も何- [Politics]

 私ほどのイケメンにもなりますとスーパーの食品レジにて「レジ袋いりません」の札をカゴに入れといたのでレジ機械を操作する役のパート女性が「ご協力ありがとうございます」いうて店の経費削減に協力したってんねんな俺とか思っていたらばレジ機械の前を通過する時候にはカゴの中にレジ袋がなんとなれば2枚も入っている昨今、SGK48を自称し××が××に何度も何度も衝突し悲鳴にも似た嬌声をあげる類のそれを漫画喫茶から動画投稿サイトにアップロードする皆様におかれましてはいかがおすごしのことと存じちゃうところのうすたでございます。おめでとうございます。ありがとうございます。
 当ブログの更新もすっかりご無沙汰ぶりになってしまいましたことにはそれ相応の服役と書いてワケと読むがございまして、詳しい内容につきましては公権力と書いて関係諸氏と読むにご迷惑をおかけすることにもなりかねないから申し上げられねえんだけど、まあなんだ、面倒くせえってこったな。ツイッターのほうをフォローしていただければ顛末がわかるような仕組みになっておりますのでひとつ。


 いまだにツイッターって見たこともないんですがね。


 皆様にご愛顧いただきました2010年も残すところあとわずか。今年も数多の問題が顕在化した一年であり、それら大半の解決は先送りする形で私たちは2011年を無事に迎える運びとなるわけでございます。
 結局のところsengoku38氏は懲戒免職となるのではないかと私などは素人考えで考えるのですが、私が素人考えで考えるに、氏の今後は田母神氏の路線で安泰ではないか。田母神氏もそのうち国政選挙に打って出るのでしょうから、二氏がシェイクハンドし愛國党かなにかを名乗れば一定の支持を得られるはず。
 と、私の素人考えの考えが本当になったら、皆で笑いましょう。安易すぎって。


nice!(1)  コメント(2) 

6月22日のアレ -めちま- [Sports]

整いました!
首相官邸とかけまして、井森美幸のダンスと解きます
そのこころは
どちらもよくはれる(晴れる・貼れる)でしょう
うすっちです!


 本年を象徴する漢字一文字に「大相撲協会」が内定したらしい昨今、サッカー賭博にうつつをぬかす皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。日本×デンマーク戦の如何によって羽振りの良くなる/悪くなる人は、つまりそういうあれなのではないでしょうか。
 当ブログにおいて、なかば冗談、なかば本気で「大相撲なんてやめちまえ」と書いてきたのですが、このままいけば少なくとも現在のかたちで大相撲が存続することは難しい情勢に見えます。黒い世界との癒着というのはいまにはじまったことではなく、おそらくは相撲の歴史と同じくらいの関わりを有しているのではないかと思うのです。そして、知っている人はみんな知っていた。知っていたけれど、あえて口にする者はなかった。
 その「公然の秘密」が、なぜいまになって明かされたのか。なぜ明かされなければならなかったのか。
 世の中には「知らなければよかった」ことが往々にしてあるものですが、知ってしまったものは仕方ない。昔からそういうものだとして目をつぶるか、それとも正義感を丸出しにして癒着を断ち切るよう相撲協会に迫るか、はたまた次の巨人戦の勝敗にいくらか賭けてみるのか、それは有権者ひとりひとりの判断に委ねられているのです。


nice!(0)  コメント(0) 

5月27日のアレ -ございま- [Misc.]

 ゼロ年代の言論なるものが跋扈する昨今、非実在青少年の類にうつつをぬかす皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。かつての「悪書追放」をほうふつとさせる一連の騒動、といっても私はせいぜい遊人先生が槍玉に挙げられた頃の運動しか存じあげないのですが、今回は規制を主張する主体が公権力であり、いつものPTAの名が登場しない点は興味深いと思います。かつてに比してPTAの影響力は低下していることのあらわれなのか、あるいは現状では静観を決めこんでいるだけなのか。よもや「漫画家側」の支持にまわることはないのでしょうけれども、PTAがにぎやかしの役割を自認し論争に乱入する日を心待ちにしている次第でございます。こうしている間にも「非健全青少年」の数は増え続けているのですから。


 

 もっこり更新が途絶えてしまった本ブログではありますが、結局のところやめる勇気はなかったのでございます。いっそのこと削除してしまおうと、そうすれば僕はなにものからも解放されて楽になれるんだ、僕は自由だ、そうきっと空だって飛べるんだ、アーイキャンフラーイ! などとうつつをぬかした日々もございましたにはございました。しかしながら、国民の皆様、県民の皆様のご意見に真摯に耳を傾け、また関係各方面ともじゅうぶんにご相談をさせていただき、最終的に私の判断としてブログ継続という結論に至ったわけでございます。
 閲覧者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを心からお詫び申し上げるとともに、来る参議院議員選挙におきましては谷亮子候補への清き一票をお願いしてまいる所存でございます。なう。


nice!(0)  コメント(0) 

1月27日のアレ -夜もあ- [Television]

 あれ、岡本夏生っていま何歳だっけ? という疑問が頭から離れなくなって眠れない夜もあるよね、でおなじみうすたのブログでございます。プロフィール上は1965年生まれですから、今年で45歳になりましょうか。しかし、『ごきげんよう』における年齢詐称の暴露で業界騒然という過去がありますから、プロフィールを鵜呑みにはできない。なんだかんだで50歳前後と思うのですが、仮にそうだとすれば、いや45歳にしてもあのスタイルは驚異です。あの、と書いたものの、私の知る最後の岡本夏生は数年前の『くりぃむナントカ』で目にしたハイレグ姿ですから、その後はどのようなことになっているのか見当もつかないけれども、おそらく痩躯をキープオンしているはず。
 まあ、どうでもいいんですけどね。


 

 ニューMINIのSUV版、カントリーマンが発表された件。全長は4メートルを超え、もはや「ミニ」とは云い難い堂々たる体躯になりました。全幅は公表されていないようですが、1.8メートルを超えるという話もあり、またもや日本の道路事情にそぐわない一台に仕上がっているのでございます。

 俺、がんばって金ためてこの車を買って、それで助手席に岡本夏生を乗せるんだ。もちろんハイレグ着せて。


nice!(0)  コメント(0) 

1月2日のアレ -意図が- [Television]

 年の瀬も切迫し、猫も杓子も金策に走り回る師走の午後、押井守の新作は意図がわからないとしきりに首を傾げる皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。
 2010年の元日をもってその歴史に終止符を打つものといえば、フジテレビ系列の『新春かくし芸大会』であり。第一回の放送は1964年、それから実に46年もの長きにわたってテレビタレントの老若男女が秘めたる才能を小出しにしてきたわけです。奇しくも2009年は55年体制の崩壊を目の当たりにした「薬」じゃなかった「新」たなる年でありましたから、この『かくし芸』の終了をもって私たちは真に「戦後は終わった」と胸を張ることができるのでございます。
 なにしろ「かくし芸」ですから、それは「かくし」ている「芸」なのです。建前上は。だれが「かくし芸」を披露するのかといえば、芸能人。「芸能」を生業とする「人」なのですから、それら芸能人には「本芸」とも呼ぶべき芸能がある。その本芸の陰に隠れてはいるけれども実はこんなこともできるのですよという「かくし芸」を開陳することが、『新春かくし芸大会』の本旨であったはず。建前上は。
 でも、それがいつ頃からのことであるか判然としませんが、「貴方の本芸はなんぞや」と問わざるをえない面々が『新春かくし芸大会』に増えたことはたしかです。秘めたる芸もいいけれど、たまには本気出してみたらいいんでないの。視聴者にそう思わせる有象無象が、忙しい年末のスケジュールを縫うようにひとつところに集合し、付け焼刃でハンドベルを習得して「かくし芸です」とドヤ顔をされても、目の肥えた納税者には納得できるはずもない。
 2011年からはその枠がどうなるのかわかりませんが、正月くらいは芸能人が本気を出すところを見せつける場を提供してもバチは当たるまいと思いつつ、行く年に思いをはせるのでございます。
 それではどなた様にも良いお年を!

のの.jpg

うすた近影(写真はイメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(0) 
前の7件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。