So-net無料ブログ作成

1月27日のアレ -夜もあ- [Television]

 あれ、岡本夏生っていま何歳だっけ? という疑問が頭から離れなくなって眠れない夜もあるよね、でおなじみうすたのブログでございます。プロフィール上は1965年生まれですから、今年で45歳になりましょうか。しかし、『ごきげんよう』における年齢詐称の暴露で業界騒然という過去がありますから、プロフィールを鵜呑みにはできない。なんだかんだで50歳前後と思うのですが、仮にそうだとすれば、いや45歳にしてもあのスタイルは驚異です。あの、と書いたものの、私の知る最後の岡本夏生は数年前の『くりぃむナントカ』で目にしたハイレグ姿ですから、その後はどのようなことになっているのか見当もつかないけれども、おそらく痩躯をキープオンしているはず。
 まあ、どうでもいいんですけどね。


 

 ニューMINIのSUV版、カントリーマンが発表された件。全長は4メートルを超え、もはや「ミニ」とは云い難い堂々たる体躯になりました。全幅は公表されていないようですが、1.8メートルを超えるという話もあり、またもや日本の道路事情にそぐわない一台に仕上がっているのでございます。

 俺、がんばって金ためてこの車を買って、それで助手席に岡本夏生を乗せるんだ。もちろんハイレグ着せて。


nice!(0)  コメント(0) 

1月2日のアレ -意図が- [Television]

 年の瀬も切迫し、猫も杓子も金策に走り回る師走の午後、押井守の新作は意図がわからないとしきりに首を傾げる皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。
 2010年の元日をもってその歴史に終止符を打つものといえば、フジテレビ系列の『新春かくし芸大会』であり。第一回の放送は1964年、それから実に46年もの長きにわたってテレビタレントの老若男女が秘めたる才能を小出しにしてきたわけです。奇しくも2009年は55年体制の崩壊を目の当たりにした「薬」じゃなかった「新」たなる年でありましたから、この『かくし芸』の終了をもって私たちは真に「戦後は終わった」と胸を張ることができるのでございます。
 なにしろ「かくし芸」ですから、それは「かくし」ている「芸」なのです。建前上は。だれが「かくし芸」を披露するのかといえば、芸能人。「芸能」を生業とする「人」なのですから、それら芸能人には「本芸」とも呼ぶべき芸能がある。その本芸の陰に隠れてはいるけれども実はこんなこともできるのですよという「かくし芸」を開陳することが、『新春かくし芸大会』の本旨であったはず。建前上は。
 でも、それがいつ頃からのことであるか判然としませんが、「貴方の本芸はなんぞや」と問わざるをえない面々が『新春かくし芸大会』に増えたことはたしかです。秘めたる芸もいいけれど、たまには本気出してみたらいいんでないの。視聴者にそう思わせる有象無象が、忙しい年末のスケジュールを縫うようにひとつところに集合し、付け焼刃でハンドベルを習得して「かくし芸です」とドヤ顔をされても、目の肥えた納税者には納得できるはずもない。
 2011年からはその枠がどうなるのかわかりませんが、正月くらいは芸能人が本気を出すところを見せつける場を提供してもバチは当たるまいと思いつつ、行く年に思いをはせるのでございます。
 それではどなた様にも良いお年を!

のの.jpg

うすた近影(写真はイメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。