So-net無料ブログ作成

12月21日のアレ -飯- [Television]

 今年も恐怖の大魔王は降臨しなかった2009年も残すところあとわずか、メイド喫茶や思て入ったんが女装した野郎どもに太っとい声で「お帰りなさいませ、ご主人様」いわれてやな、どないなっとんねん、まあええか、いうてうっすらひげが青なっとる兄ちゃんと「あっちむいてホイ!」て意外に楽しんできた皆様におかれましてはいかがおすごしの師走でございましょうか。

 もう終わったものといえばM-1グランプリ2009でございまして、最近とみに増えている弁護士事務所のテレビCMと消費者金融のそれとの区別がつかない皆様におかれましては優勝者の予想は的中されましたか。なになに、敗者復活枠が行くと思っていたから惜しかったって? 知るかボケ。いちいち報告すな。
 ね。そんなん云うてるんですけれども、ファイナルの笑い飯、あれはどうでしょう。あれで優勝しようとは考えていなかったはず。真剣に1000万円をとりにいったなら「チンポジ」はない。ありえない。M-1王者になってはいけない、王者になってしまったらそこで笑い飯は終わりなのだということを彼らはよくよく自覚しているからこそ、あえてはずれのネタを選んだのです。
 今年は例年よりも積雪が早く、私などは11月の終わりにはすでにタイヤ交換を終えていたからいいようなもの、あ、笑い飯の話は終わりました、ご近所では降りしきるホワイトスノーに目を細めながらジャッキアップする姿をようけ見かけました。
 これ以上はとくに話もふくらまないのでM-1に戻りますと、9代目の王者となったパンクブーブーがそれほど売れるとは思えないわけです。絶対的におもしろいよりも、適度におもしろおかしいキャラクターが重宝されるのが、いまのバラエティ番組ではないか。8代目の王者にはなれなかったオードリーが、1000万円をつかみとったマネーの虎じゃなかったM-1王者のノンスタイルよりも圧倒的に「売れている」のは、ひとえに春日のキャラクターあればこそです。ノンスタイルもパンクブーブーも、たしかにネタはおもしろいのでしょう。けれども、それとこれとはまた別の話であるのがテレビの現状です。
 もっとも、キャラクターは爆発力が大きい分、飽きられやすいという諸刃の剣でもあります。2009年の大爆発が落ち着いたとき、果たしてオードリーは逃げ切ることができるのかどうか。そしてパンクブーブーはオートバックスのCMに出られるのかどうか。来年のテレビも見ごたえたっぷりなのでございまして。

のの.jpg

落ち(写真はイメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。