So-net無料ブログ作成
検索選択

10月8日のアレ -後- [Misc.]

 私の上を通りすぎていった台風を思い、いまはどんな人の上で猛威をふるっているのだろうと想像しただけでジュンジュワーとなる昨今、ハマダーをやめてカツマーに乗り換えた皆様におかれましてはいかがおすごしでしょうか。
 それにしても勝間和代氏。いきなり出てきたという印象をぬぐえないのは、私が世事に疎いせいなのでしょうか。水面下ではずっと以前からマグマのように煮えたぎっていた名前なのでしょうか。その水面ってどこにあるの。
 こうまでドバーンと喧伝され、雨後の筍のように著作が出版され、各種メディア媒体にも頻繁に登場する。勝間氏にどれほど才能・才覚があったとても、氏ひとりの力ではとうてい成しえない所業です。ざっくり云えば、勝間氏を売り出すためにだれがどれほどの金額を支払ったのか。結果的には、投資として成功だったのでしょう。でも、だれが儲けたのか。そこがわからないと、ブックオフでも氏の著作に手を伸ばすことが憚られるわけです。
 勝間氏を信奉する「信者」が生まれ、また氏を批判することで財を成す者もあらわれる。ふと細木数子という名前が頭にうかびました。とはいえ、大衆は熱しやすく冷めやすい。そも赤の他人にかぶれて無理に生き方を変えても、長続きはしないものです。勝間氏が新基軸を打ち出せなければ、来年あたりがヤマなのではないでしょうか。もちろん適当に書いてます。

のの.jpg

布(写真イメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。