So-net無料ブログ作成
検索選択

1月10日のアレ -弁- [Television]

 あけましておめでとうございました。本年もよろしくお願いいたしました。
 事後承諾にてご勘弁を願いたいのですが、本年も不肖うすた、あけさせていただきました。よもやあけられるとは思ってもいなかったのです。というのも、あけて早々に風邪をこじらせてしまい、一月にこんだけ具合わるかったら七月とかにはどんだけだよ、と軽口が口をつくほどこじらせたのであり、本当にあの、こじらせたのです。どんだけ語彙の引き出しがないんだよ。
 おこたとみかんのおかげさまで日常生活に支障のない程度には回復しましたが、方々にて開催されたと伝え聞く新春セールにはすっかり乗り遅れました。これもまたインターネットのおかげさまにていくつかの買い物はできましたものの、やはり実物を見てからの衝動買い、衝動買いからの後悔、そういった新春恒例のあれこれがとりおこなわれなかった本年は、きっとなにかあるでしょう。
 ろくにテレビも視聴できぬほど具合がわるかった年末年始、印象としては「芸人のネタ番組が多かった」でしょうか。元来、この時期にはネタ番組が多いのですが、今季は本当にそればかりだった、ような気がするのは私がそんな番組ばかり選んで見ていたからなんじゃないかと思いつきました。いま。あとはなんでしょうか、内村光良の復権とでもいうべき状況はあると思います。2008年がフリートーク全盛期からネタ復権への過渡期であったとすれば、内村光良が見直されるのも当然でしょう。結局のところ、フリートークで明石家さんまとダウンタウンを超越する者は現れなかったのであり、これからますますネタ番組が見直されていくとするなら、だいぶ淘汰も進む。そして、これまでは日の目を見なかった芸人や、不当に冷遇されていた芸人が続々とカーペットに乗り流れてくるのです。よかったね。
 淘汰といえば、昨年はハロプロのリストラも進んだらしい。なにがどうなっているのか調べる気力も起こらないほど興味が失せてしまったのですが、要するに、カネにならない人はお払い箱ということなんでしょう。
 あれだけ輝いていたモーニング娘を「卒業」して、それからどうなったか。同じスタートラインから走りはじめても、行き着く先はずいぶん異なるわけです。ひな壇の最前列を指定席にできる者もいれば、地方のスナックを回る者もいるのだとか。才能、努力、運、さまざまな要素があるのだろうとは思いますが、2009年、みんなが幸せになれるといいですね。ピース。

のの.jpg

has(写真はイメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。