So-net無料ブログ作成

12月12日のアレ -通りすぎ- [Television]

  醜さに 北風しみいる 真理子さん

 なんでしょうか、石原真理子の醜さは。
 石原本人としては、(週刊誌的にいえば)自分の上を都合よく通りすぎていった男性たちへの復讐の意味を込めた一冊であったのかもしれません。とはいえ、各種メディアにて名指しされている「有名芸能人」にとってそれほど大きなダメージになっているようには見えない。
 こういった暴露本を出版する場合、被害者としての自分(著者)に世間の同情を集めることができれば、金銭面とは別の次元においてある程度の成功といえるでしょう。石原真理子に別段「被害者ヅラ」をするつもりはないのかもしれませんが、世間の目が「いろんなオトコにもてあそばれてかわいそうに」といった方向に向けば、それで救いにはなるはずです。
 石原の場合、同情的なまなざしを集めることは残念ながらできなかった。なぜか。レイプまがいの事案はともかく、結局のところ自分も有名芸能人とのセックスを楽しんだんじゃねえか、と思われてしまったから。女優・石原真理子はこんな芸能人とセックスしてきました、という触れこみで13人ばかりの名が挙がれば、それはだれだといった具合に「知的欲求」が芽生えるのが世間であり、石原の著書もそこまでは成功した。が、しょせんはそこまでであり、彼女に被害を及ぼした男性芸能人を糾弾するところまでの深みはなかった。
 ともかく「時の人」にはなっているようですから暴露本を著した甲斐はあったと云えるはず。しかし、それも一時。女優としての再起を目論んでいるそうですが、『シベ超』に出られて御の字という程度ではないでしょうか。

シュア(写真はイメージです。本文とは関係ありません)


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

kkk

>しょせんはそこまでであり、彼女に被害を及ぼした男性芸能人を糾弾するところまでの深みはなかった。

やっぱり短期間に付き合った相手の数が多すぎて、http://entameblog.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=29132219&stq=session%3A%3Ablog%3A%3A2bab078d108973ee631d5e20dfabd171&_=J9aL

頭の悪いイージーな女(ヤリマン)に見えるので、誰も石原さんに同情できないせいでしょうかねえ(本は未読ですが・・・)。

かといって付き合った相手を絞って書いた場合、皆旬が過ぎた相手ばかりなのでインパクトが弱いし・・・(といっても、石原さんほどではないでしょうが)

せめて10年前に出していたらもう少しマシだったでしょうが。

公式ブログ荒れてますね・・・
http://mycasty.jp/marie/html/2006-12/12-08-580466.html
by kkk (2006-12-13 20:09) 

うすた

あら、15人でしたか…。もうここまでくると誤差の範囲ですね。

やはり「なんで今さら」な感じはぬぐえないわけで、すると、これまでの男性遍歴をネタに芸能界復帰をもくろむいやらしいオンナ、という目でしか見られないからメジャーでは相手にされない。結局、Vシネ主演でちょっとした話題になって終わり。そんな感じでしょうか。その際、監督は田代まさしで。
by うすた (2006-12-14 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。